圧倒的な声と歌唱力を

ダイナミクス豊かな歌声
枯れない声
存在感を生み出す歌声

グラミー賞などに名を連ねるアーティスト、全米トップシンガー達が身につけている歌唱力は、彼らが持つ「発声スキル」に支えられています。
タプアヴォイスアカデミーが提供するボイストレーニングメソッドは

チェストボイス
ミックスボイス
ヘッドボイス
ベルティングボイス

など現代の音楽シーンでは欠かすことの出来ない「発声スキル」を習得出来るプログラムです。

全米トップレベルの
ボイストレーニング

タプアヴォイスアカデミーは20年以上の実績と経験、そして全米屈指のボイストレーナー「ビリーパーネル」のサポートを受け、現在活躍する海外の実力派シンガーと同じメソッドによるレッスン内容と環境を提供しています。

常にリアルタイムで最新の全米トップレベルのボイストレーニングを受けていただけます。

シンガーが抱える悩みの解決


これらは私たちにご相談頂く代表的な悩みです。
そして、これらの悩みの全てはプロのボイストレーナーによるレッスンで解決されます。 人の声はそれぞれのカラダのコンディションなどで声の悩みの原因は繊細に違ってきます。

例えば

「高音が苦手」
と一言で言っても、実は「低音のチェストボイスの響きが不安定」である事が原因となっている場合が多く、チェストボイスの発声から修正する事が高音域を伸ばす解決策の一つにあります。

「ビブラートをうまくかけられない」
その克服ポイントは、「声がひっくり返りやすい音(換声点)」から導き出す事が出来、レッスンが進むにつれて、いともカンタンにビブラートをかけられるようになる事もよくあります。

「音程が安定しない」
その原因は、ブレス(呼吸)コントロールを司る根本的な体力面だけでなく、下半身の柔軟性や筋力、もしくは口の開け方(アゴの開き方)、発声時の舌の位置など、オープンスロート時の口腔内フォームの修正をすることで音程が安定します。

タプアヴォイスアカデミーでは、それらの状況に合わせたマンツーマンレッスンだからこそ確実に成果を生み出せるのです。 まさに、自分のカラダという「声を発する楽器」の扱い方をマスターするレッスンと言えます。

目標レベルに合わせた
トレーナー

タプアヴォイスアカデミーは、その人のレベルや目的、目標に合わせたレッスンとトレーナーを用意しています。

・プロシンガーの方
・プロを目指す方
・音学大学受験を控えている方
・オーディションの合格を目指す方
・趣味で歌の上達を望む方
・ボイストレーニング初心者

ボーカルスタイルやジャンルにかかわらず、あなたの目標に合った専属トレーナーがマンツーマンレッスンであなたの目標達成に向けて、発声指導はもちろん、ノドのメンテナンス方法、発声のためのカラダ作りまで丁寧に指導します。

ようこそ、タプアへ

世界レベルの
ボイストレーニング

A BUTTON

目標に合わせた
トレーナー

B BUTTON

タプア ロサンゼルス
ボイトレ ツアー

C BUTTON

Aという名のタイトル

「シンガーソングライター」という言葉は、1970年代初頭にアメリカでジェームズ・テイラーが注目され、続いて英国でエルトン・ジョン、アメリカのキャロル・キングなどのめざましい活躍もあって、彼らが「シンガーソングライター(Singer-songwriter)」と呼ばれ、それが日本でも普及したもの。

Bという名のタイトル

センターとも呼ばれ、曲の全体的な流れを担いリードするのがリードボーカルであり、曲の部分部分、ハモリ、コーラス、ラップ、別音域など多角的・包括的に曲に参加し、時には主要な部分にも参加する。歌とラップが混合になっている曲の場合、ラップを主に担当するラッパーがリードボーカルと呼ばれることもある。リードボーカルの場合、主要な部分や歌唱力のみに集中しないため、メインボーカルに比べ歌唱力があまり要求されず、存在感や表現力が要求される。

Cという名のタイトル

原語はフランス語のヴォワ・ミクスト(voix mixte)であり、英語の mixed voice もその訳語のようである。まれに voix mixte の日本語訳に「混声」が用いられる場合がある(どの言語においても、混声―mixed-voiceといった言葉は混声合唱を指すことのほうが圧倒的に多いため、この言葉は「誤用である」とか「存在しない」といった誤解も多い)。そもそもは「声区の融合」を意味しており、現在では主に(ファルセットでない声という意味での)胸声区で高い音を出すための技術として捉えられている。